性交で痛い

性交での痛みの原因と対策は?

性交痛で悩む人は多いんです。

 

痛みがあると、彼とのデートまで苦痛に感じられますよね。

 

その原因は何なのでしょう?

 

性交で痛いけど、原因は何?どうすればいい?性交痛の原因

 

女性ホルモンの減少

 

女性ホルモンというのは、膣の粘液を出す役割もあります。

 

女性ホルモンが少ないと、膣の粘液が少なく、潤いがない状態になるので、痛みを感じたり粘膜を傷つけ出血してしまったりします。

 

性行為が苦痛になることもあるので、早めの対策が必要です。

 

【対策】

 

保湿剤・潤滑剤を使う。

 

リュイールホットは、熱くなってくるので、自分の内側からの分泌を促します。

 

 

リュイールホットの公式サイトはこちら


 

性交痛の原因にはさまざまな要因があり、ひとつの要因だけでなくいろいろな要因が絡まり合っていることもよくあります。

 

「炎症」を起こしている

 

「痛い」と感じる状態というのは、炎症を起こしている状態かもしれません。

 

炎症を起こす原因は感染症か病気によるものがほとんど。

 

でも、

 

  • 疲れ
  • ストレス
  • 薬の服用による免疫力の低下
  • 性感染症に感染しているため膣の部分に炎症を起こしやすくなっている
  • ピルやホルモン療法などの薬の服用をすることで、免疫力が下がり炎症を起こしやすくなっている

 

ということも考えられます。

 

炎症を起こして「痛み」がある場合は炎症を治せば痛みは消えます。

 

婦人科などでは痛み止めがでるほか、感染症であればその原因となるウィルスや菌に有効な薬を処方し様子をみます。

 

薬で感染症がよくなれば痛みもとれる傾向にあるのが一般的です。

 

【対策】

 

婦人科へ行く

 

膣の形の奇形

 

膣の形は人によって様々。

 

また、手術や出産時などの縫合で傷ができてしまうことの後遺症でどうしても痛みが起きやすい状態にもなりやすくなります。

 

また、骨盤の形のくずれによって恥骨の向きの変形をおこしてしまうと痛みが起きやすくなります。

 

このような場合は、薬や手術で治すのは難しく潤滑ゼリーなどで対応することになります。

 

ただ、骨盤や恥骨の向きなどが関係している場合には、矯正することで改善が見込めます。

 

LCインナーボールは矯正器具ではありませんが、入れた状態を想定できるので、その状態に慣れさせることに役立ちます。

 

 

LCインナーボールの公式サイトをチェック


 

精神的な問題がある

 

「セックスは痛い」というような思いやトラウマがあったりと心理的なもので膣けいれんを起こしやすくなります。

 

膣けいれんとは、自分の意思とは関係なく、膣の入口が収縮を起こしてしまうため、性交時に痛みがおきます。

 

【対策】

 

このような場合は薬で対応するよりもカウンセリングを受けてみたほうがよいでしょう。

 

カウンセリングで痛みを感じてしまうメンタル的な要因を取り除いていくことも大切です。

 

セックスに対して、前向きになるために、DVDを見るというのも一つの方法です。

 

ラブコスメには、女性のためのDVDも用意されています。

 

 

Hのテクニックを磨く48の方法★女性制作のSEX DVD【LOVE48】はこちら


 

女性は、外見をいくら磨いても、Hを磨く機会というのはなかなかないものです。

 

そのため、怖がったり、どう反応していいのかわからなかったり、誰にも相談できなかったり、一人で悩む女性が多いんです。

 

気持ちよくならなければ、もちろん濡れませんし、痛みも消えません。

 

女性は男性のようにDVDを借りたり見たりしないので、実体験意外のイメージがあまりわかないという人も多いようです。

 

このDVDを見て、どう動けば男性は気持ちいいのか、どう反応すればいいのか、たくさんの女性が勉強しているんです。

 

Hの悩みは深刻。

 

せっかく好きになった彼としっかりつながるためにも、H磨きをしていきましょう。

 

また、小説や漫画でイメージを膨らませることも意外と効果があるんです。

 

一度試してみて下さい。

 

 

トップページはこちら